--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Tag:
2012.11.23(Fri):自作
こんにちは。おにぎりです

購入した浄化槽ブロワーの点検も終わったので
次はエアーの分岐配管を、ということで

ヤフオクでも安価で出品されてる方が多いですが
自分でも作れそうなので自作していこうと思います
(作業量と原価をみて、本当に安く設定されていて素晴らしいと思います)

用意した部品
PB210001_20121123101205.jpg
塩ビ管VP13、浄化槽ブロアーには大体これが適合サイズです
塩ビVP13用キャップ、ステンレス一方コックです
大体各1個あたり100円ぐらいで手に入るかと

一方コックでも意外と使い道がある上に
サビなければ長持ちするので重宝しますね

PB210004_20121123101206.jpg
一方コックが干渉しない様に幅を計ります、今回は2cm間隔とりました

PB210005.jpg
PB210006.jpg
塩ビ管とメジャーを固定して、2cm間隔でしるしをつけました

PB210007.jpg
一方コックのねじ込み径は5mm+ちょっと、なので塩ビ管に5mmの穴を開けていきます
空ける穴はネジ径よりもう少し下の4.5mmぐらいの方が良いのではとのアドバイスを頂きました
ネジ径サイズ、穴サイズはちょっと自信がありません、申し訳ありませんでした


PB210009_20121123101230.jpg
ポンチを使うのがためらわれたので下穴をハンダこてで空けました
想像より塩ビのドリル空けが軽かったのでセンター取る程度でも良かったかもしれません

PB210010.jpg
というのも電動ドリルが充電式の安い物しかないので・・・
ネジ回しとして購入した物で、穴あけには100V電源の物が確実です

PB210011_20121123101230.jpg
ドリドリと、下穴を5mmまで穴あけします
表むきは綺麗ですが中にハンダのバリが残ってたので
やっぱりハンダは貫通させない方が良かったですね(´・ω・`)
空ける穴はネジ径よりもう少し下の4.5mmぐらいの方が良いのではとのアドバイスを頂きました
ネジ径サイズ、穴サイズはちょっと自信がありません、申し訳ありませんでした


PB220018.jpg
穴あけに一方コックをねじ込んで完成です
塩ビキャップは接着剤を使うと後で取れないのでビニテで止めてます
延長なんか出来ますけど、まだ反対側も一方コック付けれるのでいらないかなw

動作テストして問題なしです。が
慣れてないのもありますが、一方コックの向きがウネウネと楽譜の様に・・・
専用に作業工具があるのかもしれませんが
ヤフオクで綺麗に仕上げてる方には足を向けて寝られませんねw


宜しくお願いします
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Secret

TrackBackURL
→http://taafwenio.blog9.fc2.com/tb.php/85-a6847f35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。