--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Tag:
2012.11.07(Wed):自作
こんにちは。おにぎりです

今回から自作は自作カテゴリにまとめます
さて、前回の記事でセットした自作ろ過機ですが
↓一ヶ月でこんな具合になりました
PB070001.jpg

いい感じに茶色ですね~( ´_ゝ`)ウール内にも汚泥がついてます
PB070002.jpg

底の重石ゾーンは汚泥でドロドロです。ラムズも入居してました
PB070003.jpg

フィルターの水はコーヒーですと言われれば飲んじゃう程黒いです
PB070004.jpg

で、本題はというと
これを使用していたのはラムズホーン水槽ですが
フンや汚泥が溜まりすぎで掃除しても追いつきません

自作ろ過も良かったのですが、イマイチ吸い込みが足りません

そこでフィッシュレットという商品に目をつけました

プロペラ式エアーリフトでフンや食べ残しのエサを吸引~
ですが値段が微妙に高い、他の水槽にも応用したかった、
ということで自作を考えて行こうとおもいます

構造は上部のプロペラ部分にエアを吹き、エアーリフト
赤い部分はフィルター、
底部からゴミを吸い上げ、返しで緑の部分にゴミが溜まる、と・・・
0フィッシュレット

さらに活用方法で中の空間でザリガニを飼うことで
吸い上げたゴミや汚泥を食べてもらう、という方式があるそうで
0フィッシュレット2

自作の点で注目してるのが
・プロペラによるエアーリフト
プロペラの効果があるのか分かりません。抵抗になる恐れがあります
逆に揚力が上がるなら他のろ過等に応用がききそうです

・ザリガニによるゴミ処理
ザリガニもフンをすると思うのでどれ位効果があるか
自作ならではで内部空間を広めに設計
ただし稚エビや稚魚はザリガニに捕食されるので使えない


ラムズ水槽にエビを入れるとか本末転倒な回答もありますけど
試験的な意味合いで自作していきたいと思います


宜しくお願いします
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Secret

TrackBackURL
→http://taafwenio.blog9.fc2.com/tb.php/58-af89cad3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。