--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Tag:
2013.09.03(Tue):未分類
こんにちは、おにぎりエビです
またアクアと無関係のお遊びです

最近、家庭用インクジェットプリンターの
インクカートリッジについて調べてました
なにしろメーカー純正の物は高くて手が出ませんので・・・

互換カートリッジ等も買っていますが
どうせなら構造を知っておいたほうが役に立ちます
インクカートリッジ作業は汚れても良い台の上でやりましょう


これは今まで愛用していた詰め替えインク
黒顔料60ml、CYMが染料30ml、2000円ぐらいでした
P9030851.jpg
中身はインク、注入用にノズルになってます
直接スポンジにインクを吸わせて使用してました
P9030852.jpg
他に右:インク注入口空け、左上:インク注入口フタ
左下:作業用のゴム台?忘れました
P9030853.jpg
あとビニール手袋とか説明書とか


さて本題のカートリッジ、プリンターに付属してたもの
左上部分が空気穴になってます
P9030856.jpg
裏返すとスポンジとICチップがついてます
最近はICチップが無いと認識しないプリンターが多いので
捨てる前にICチップはカッターで剥がして保存しておいた方がいいです
P9030855.jpg

今回ばらしてみるのはイエロー、これもプリンター付属です
中身が見えないので構造もわからず、不便です
P9030864.jpg

上のシールを剥がすと空気穴と補充穴が見えます
後述しますが補充穴はダミーで使えませんでした
P9030858.jpg

これが空気穴、ウネウネと細い道があって
シールのすき間を空気が通る構造です
ここがホコリとかインクで詰まるとダメになります
P9030860.jpg

ダミー補充穴にはボールでフタをしてあります、ラムネですね
P9030861.jpg
ちょっと詰め替えセットの器具で落としてみました
P9030862.jpg
ゴムフタをすれば使えるようになります
P9030863.jpg

堅いのでプラハンマーとマイナスでこじ開けました
P9030865.jpg

ダミー補充穴の部屋とスポンジは繋がってませんでした
本来はここにインクが入っているのですが
プリンター付属のおまけインクというわけです
P9030867.jpg
つまりこのカートリッジはそもそも容量が小さく
補充に使いにくいという事(´・ω・`)・・・

スポンジの部屋はスポンジが3つ入っているだけ、実に単純構造
インクが結構にじみ出てきます、もったいないですね
P9030868.jpg
結局カートリッジ自体もICチップもすぐ解析され
偽者が作られるのでインク商売はきつそうですね


やはり中身が見えない純正より透明の互換タイプが使い易いでしょう
補充作業も中身が見えないとわかりづらいです
今使ってる互換カートリッジが無くなったらまたいじって見たいと思います


インクカートリッジ作業はできればビニール手袋を使いましょう
P9030870.jpg
いつも手がカラフルになります(;´Д`)
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Secret

TrackBackURL
→http://taafwenio.blog9.fc2.com/tb.php/321-1b54d680
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。