--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Tag:
2012.10.01(Mon):未分類
こんにちは。おにぎりエビです

水槽の一つにラムズホーンを繁殖飼育してますが
ろ過が底面ろ過で回していたのですが、ラムズとは相性が悪いです
底にフンやスラッジが恐ろしく溜まるため掃除も追いつきません


というわけで手入れが簡単な投げ込みろ過に変更するのですが
簡単な構造の割りに500円~とお金が掛かるので自作をします


別で使用していた自作ろ過
PA010002.jpg

ペットボトルを切って、中に重り、ウール、ホース、エアストーンを入れ
エアレーションするだけです。また別途作成してみたいと思います


材料
PA010004.jpg

ろ過マット(ダイソーで100円でした)、エアストーン、砂利(重り)
ホース(エアーを通して水を吸い上げます)、ペットボトル(底から5~10cmぐらいでカット)

なるべくお金を掛けないコンセプトなので見た目は気にしません
300円程度で数個作れます
多少見た目をよくするならタッパーを容器にするといいです


ホースを水槽の高さに合わせて適当に切り出して
エアチューブを通す穴を作ります
PA010005.jpg
チューブが外れにくく、潰れるのを防ぎます
エアストーンをつけたチューブを中に入れます


完成品がこちら
PA010011.jpg

ホースにろ過マットをぐるぐる巻きにして重しを入れたペットボトルに突っ込みました
ペットボトルが太すぎたのでゆるい感じになりましたが
スキマにゴミが溜まるので適当です

しばらく使用したら汚れ具合を見て調整します

物理ろ過はウールマットの様にゴミをキャッチする構造
生物ろ過は水通りが良い環境でバクテリアがよく働くと思います
はみ出たウール部分でバクテリアが定着すれば・・・と


適当にすくいだしたレッドビーシュリンプ
PA010012.jpg
20匹ほど捕まえました。すくう時はあせらず一匹ずつ狙いをつけると結果的に効率がいいと思う
ビーシュリンプは色鮮やかで良く増えるのでエビの中ではダントツに面白いと思います

彼らには立ち上げた水槽のパイロットになってもらいます
PA010013.jpg

立ち上げから10日ほどたった水槽で
投入した水草も調子が良いのでまあ大丈夫でしょう




宜しくお願いします
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Secret

TrackBackURL
→http://taafwenio.blog9.fc2.com/tb.php/23-7c0e406c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。