--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Tag:
2013.01.23(Wed):自作
こんにちは、同じ様なネタを繰り返すおにぎりエビです(悪びれない)

底面ろ過メインからメンテができる投げ込みろ過へ移行の為に
投げ込みろ過を自作していこうと思います

いくつか作成した結果、安くて作りやすい方法も分かってきた模様

1リットルのペットボトル
aP1230001.jpg
最近このサイズが多いです
ろ過など自作の他、魚やエビを送る容器にも
水漏れ無しで安定して使えて便利です

常に30個ぐらいストックしてます(;´Д`)

大体赤線のあたりで上下切り離します

aP1230002.jpg
上下の差込みを簡単にするために
下の土台側、縦に切り込みを入れます

一回合わせてみるとイメージが分かるかなーと

aP1230003.jpg
エアーリフト式なのでエアーチューブを通す穴を開けます
上から通すとチューブが曲がったり浮いたりするので下が安定です
半田こてがあると作業が楽ですね

aP1230004.jpg
土台の一番下に中身が出ない程度に薄く穴を開けました
ここらへんはなんとなくです

P1230005.jpg
上側には吸水口をあけます
少なすぎなければいくつ空けても問題ないかと

P1230006.jpg
エアーリフトの部品です
・ホース・エアストーン・エアーチューブ・チューブジョイント
水作の交換用プラストーンが安くてお勧めですね
ホースの長さはろ過器や水槽の高さに合わせて・・・

P1230007.jpg
合体するとこんな感じ
エアーポンプ側はジョイントがあると掃除の取り外しが楽です

P1230008.jpg
ホースの下部にチューブを通す穴を開けます
穴がないとチューブが潰れたりずれたりするので
ここにエアーストーン側を入れます

P1230010.jpg
水を吐く口はナナメにカットします
カットした方向に水の流れができます

音も多少静かになる・・・かもしれない

P1230011.jpg
ここから組み立てます
土台にチューブを通し、ホースを真ん中に立てます
そのまま重石(砂利等)、軽石を入れます

今回砂利がなかったのでハイドロカルチャーを入れてますね
ろ材の軽石も好きなろ材をいれて良いと思います

P1230012.jpg
物理ろ過にろ過ウールを使ってます
真ん中の穴にホースを通します
P1230013.jpg
最後にペットボトルの上側をかぶせて完成です
土台側をすぼめるようにしてかぶせると楽かと

ペットボトルのサイズでろ材の量を変えたり
見た目が気になるならダイソーで容器を買ってきたり


効果は?というと水が出てるならそれなりに
物理ろ過はあまり期待できないですが形次第かなとも

逆にサブストラップとかを入れると良さそうな感じがするあたり
人間見た目が重要なんだなーとか思います
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Secret

TrackBackURL
→http://taafwenio.blog9.fc2.com/tb.php/150-efd7218b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。