--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Tag:
2013.01.06(Sun):エビ
こんにちは、おにぎりエビです

エビの選別方法について聞かれた気がしたので
適当なタイトルと写真のせます
まあ普通なんで参考になればいいなぁ

といってもうちでは大体普通のアミですくって別の水槽へ移動するだけです
移動時も特に水あわせとかしないですね

P1060001.jpg
ってなわけでこんな感じになってる水槽から
選別落ち個体のバンド柄なんかを取り除きたいわけです

水槽の中にあるととても邪魔な物がいくつか

P1060002.jpg
底床に直に植えてる水草
基本取り除けないので中に入られると
どうしようもないです

P1060003.jpg
流木とかのアクセサリー
普段は隠れ場所ですが、すくう時はめちゃくちゃ邪魔です

P1060004.jpg
浮き草類、特にアマゾンフロッグビット
バラバラに増えて根も長いので
アミとかにからみまくります


本気で選別する時は取り除ける物はとってから作業ですが
底床に植えた水草は考え物です

選別する予定の水槽立ち上げ時は
ここらへんを考える必要があります

つまりうちではあまり考えてないって事ですね

P1060005.jpg
というわけで四苦八苦しながら捕まえてます
迷う個体はサテライトなんかで一時飼育したり


次に道具とか、珍しいものは使ってないです

P1060006.jpg
上から自作アミ
小さいプラケなんかで使ってます

100円アミ
普通のアミですね

灯油スポイト
吸い口が4~5ミリぐらい?稚エビを捕まえるのに使ってます

菜ばし
奥や狭い所にはいったエビを誘導したり
アミを構えておいて、菜ばしで誘導したりします


自作アミは細かいアミがなかったので
針金と三角コーナーのアミで作ってます

白より青いアミの方がエビが怖がらないです

P1060007.jpg
自作のアミは三角形になってます
丸や四角よりすみに追い詰めやすく
捕獲しやすい形だと思います

P1060008.jpg
針金よりアミがちょっと飛び出る様に
偶然ですが、ガラス面とかに押し付けたとき
エビに逃げられにくいです


なんだかんだいっても面倒です
慣れない頃は10匹つかまえるのに数時間かけてました

P1060009.jpg

管理が簡単なのはこのように
小さい水槽を並べて、よりわける方法です

種付け用、孵化用と水槽わけて良個体・選別落ちとわかれます

小さいので捕獲しやすいですが
数が少ないうちしか使えないと思います


こんな所で、よろしくお願いします
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Secret

TrackBackURL
→http://taafwenio.blog9.fc2.com/tb.php/134-72f54e16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。