--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Tag:
2012.12.05(Wed):ザリガニ
こんにちは。おにぎりです

ザリガニにウィローモスを与えるテストの
中間結果みたいなものです

ウィローモスを与えた個体
PC030003_20121205123218.jpg
思い切り茶色の個体になりました
恐らくテストを続けても茶色のままでしょう
それとウィローモスの消費が激しくなったので
一匹を残して通常飼育に切り替えです

あとアナカリスを与えた個体も茶色です
おそらく水草全般的に色揚がりが起こる様なので
やはりザリガニ水槽には水草は入れない事にします

水色の個体
PC030001_20121205123216.jpg
実際はもう少し青く見えます

青色の個体
PC030004_20121205123216.jpg
良い色を出してます

水色と青色は同じ様なエサと環境で育ったのですが
同じ水槽でも濃さに違いが見られます

恐らくは、共食い、もしくは脱皮殻の食べた量によると。
ナワバリの位置も関係してくるかもしれません

同じ種類の兄弟でもここまで色変化があります
やはり環境で色々な変化を出せるザリガニは面白いです


余談ですが、こういったザリガニのエサによる色調整など
不健康だ。という意見がよく見られます

確かに健康的かと言われれば違うかもしれませんし
不健康かと言われても疑問があります
事実、成長・抱卵し、子供を生みます

他で言えばアルビノ個体は人気ですし、らんちゅう金魚も流行っています
しかし彼らは奇形魚です。望まない色や形の個体は取り除かれます
自然界では一日生きられるかわかりません

犬猫でも海外種が人気ですが、彼らも外来生物です
日本の気候に合いません


ペットの飼育、美しさの追求にはあらゆる意味で二面性があります
しかし、一面だけを見て不健康、と言われるのはとても残念です

まあ、理解を求めて考え直せ、とまでは思ってません。無駄ですし
ただ人の趣味に茶々を入れるのはやめて欲しいと思います
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Secret

TrackBackURL
→http://taafwenio.blog9.fc2.com/tb.php/100-5aca57cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。