--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

Tag:
2012.10.31(Wed):ラムズホーン
こんにちは。おにぎりです

水槽のブルーラムズホーンの子供が育ってきました
中に綺麗な青系の子供もいたので
青い子だけ大磯砂からソイルへと移しました
これで綺麗に育てばソイル万能説ですね(σ・∀・)σ

綺麗な貝殻ですが、まだラピスラズリにはほど遠いですね
PA310004.jpg

恐らく、この綺麗な子の親であろう
数が増えたので茶色い親は別水槽へ移動しました
PA310017.jpg
って古い写真見たらΣ(゚д゚lll)前のソイル水槽の方が色が良いやんけ
大磯砂水槽よりソイルのほうがあってるのかな・・・と
カルシウム分はエサで補えますもんね・・・

ラムズホーンは水槽のコケ取り、残餌処理、水槽立ち上げの担い手と活躍してくれます
PA310018.jpg

ときにはザリガニのストレス発散にも・・・弱肉強食です(;´Д`)
一歩間違えばスネール扱いされるのも彼らです
私のように巻貝専用水槽を立ち上げる変態もいますけどね
まあ極端な趣味の世界なんでしょうね


あと・・・何回かラムズホーンの取引をさせてもらってますが
うちにくるのは全部の貝で上の親の写真の様に白い跡が貝殻にあるんですよね

今は1000匹以上はラムズホーンを飼育してるでしょうが
余程エサを与えない、掃除をしない、又は死亡した個体の殻
貝殻の白い跡は普通にはつきません

考えれるのは12~24時間の移送で貝殻に異常が起こる可能性ですね
私もラムズホーンを里子に出していますので
移送中の異常だとすると先方にも説明が必要ですね

ちょっと検証してみたいと思います


宜しくお願いします
PA310013.jpg

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

スポンサーサイト
2012.10.30(Tue):エビ
こんにちは。おにぎりです

薬局にてこんなものを購入しました
PA300001.jpg

スピルリナ錠です。100%と余計な物が入ってないので購入
2200粒2000円程度でした、安いっヽ(゚∀゚)ノ
緑の錠剤が入ってます
PA300002.jpg

クロレラと似たような藻類の商品ですが
スピルリナのほうが高い=栄養価が高い?ようです
なにより色揚げ成分が豊富らしいです

エビに関係ありそうな成分を抜き出してみると
たんぱく質、カルシウム、マグネシウム、ベータカロテン・・・・他


項目多すぎ~、かなり良さそうな感じがします
今までもスピルリナ入りエサを使用してましたが、これもローテーションに加えてみます


ビーシュリンプは中程度の集客です
PA300005.jpg

ルリーシュリンプもツマツマ
PA300006.jpg

ラムズホーンは・・・しっちゃかめっちゃかに集まってます(;´Д`)
PA3000011.jpg

ある程度嗜好性があるようで使いやすそうです
スピルリナには青の色揚げ成分も含まれているようで
ザリガニやブルーラムズホーンの色揚げも期待してみます


宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.29(Mon):未分類
こんにちは。おにぎりです

一時期、産卵箱にマイブームになり、特に外掛け式サテライトは
大中小と買い揃えるぐらい気に入りました
エビ飼育に対して良い部分と悪い部分を記述したいと思います

エアリフト式外掛け産卵箱
PA290001.jpg

機能としてエアー毎分1リットル程度で本水槽より水を循環させます
水温に関しては本水槽と1℃ずれるぐらいです
稚児分離の仕切りも付属しています

使い道として
・本来の産卵箱として魚・その他に使用する
・本水槽との選別個体等の隔離(水が循環するため病魚には使えません)

ぱっと思いつくだけですがこの程度でしょう
逆に、水質に敏感な種類の魚は永久飼育できません
もって1~2週間が限度です

エビに関して選別個体の一時飼育に使用、程度に留めた方が無難です
毎日の細かい掃除、又はサテライトの改造が必要で
最終的に小型水槽を立ち上げた方が早いという結果になります

底砂やエアレーション、小型ろ過の導入まで行いましたが、エビに関しては大変でした
エビの習性として上流に向かう
 落水部分にエビが泳いで登ろうとして、体力を消耗してしまう
 水換えや、落水部の改造では対処できず、大量の水草を入れ、落ち着いてもらう
・デトリタスで稚エビが死んでしまう
 これは毎日のエサの量、掃除で回避するしかありません


非常に飼い主とエビにストレスを与える事になります
抱卵個体も孵化まで1ヶ月程度なので、水槽での方が確実に成功率が高いです


サテライト内
PA290002.jpg

水草を大量に入れ、足場にします。泳ぎ回り体力を消耗する事を防ぎます
毎日大きめのスポイトで底のデトリタスを取り除きます
水は循環してますが、さらに本水槽と水換えを行います

刺激を与えないように目隠しして光が入らないようにします
PA290003.jpg


長期維持するならプラケースとエアレーション・ヒーターの方が百倍楽です
特にデトリタスと稚エビの相性は最悪で悲劇をみます

ザリガニの場合はうまくいったんで種類にもよりますね


宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.28(Sun):未分類
こんにちは。おにぎりです

ミステリークレイフィッシュが脱皮してから3日程
活性があがりエサを探し回ります
もう安定したようですね
PA280006.jpg

本水槽で生まれていた孵化一番のりの稚ザリも1cmを超えました
PA280007.jpg

元気がいいのでまた抱卵して欲しい所ですが
個体によっては年1回の抱卵率だとか
増えすぎるのも考え物ですしね


宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.28(Sun):水槽設備
こんにちは。おにぎりです

水草が取れました
PA270001_20121028154332.jpg

ろ材も回収しました
PA270003.jpg

この60cm水槽リセットしていきます
PA270002.jpg

これを立ち上げたときは赤玉土をよく底砂に使ってました
栄養は無いでしょうが安くてくせも無くエビ飼育には使いやすいのですが

肥料を考えたり腐葉土を混ぜ込んで手が掛かったりゴミが出たりもします
まあ、初めて使ったソイルでエビ全滅を経験したのが原因でしたが

ソイルに慣れてからはソイルメインでいってます

作業にはダイソーの平スコップが便利です
ソイルを水槽に入れるのも使いやすいです
PA270005.jpg

中身を全部出して洗ってスッキリ!
背面と側面のコケは残してみました
PA280008.jpg

ろ過は上部デュアルクリーン
底砂は今回は水草一番サンドで行こうと思います
はたしてエビにはいいんでしょうか
PA280009.jpg

上部ろ過の吸出しは吸い込み防止にソイルに埋めてしまいます
PA280010.jpg

気を使わず後入れソイルですが濁りますね、ここでろ材を元に戻しました
PA280014.jpg

まだ濁ってますけど水草も戻しました
PA280015.jpg

とりあえず、ミクロソリウムとウィロモス、マツモアマゾンフロッグピットと当たり障り無く

ヒーター稼動、ラムズホーン投入して水草の様子をみながら
立ち上がりを様子見です


よろしくおねがいします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.27(Sat):ザリガニ
こんにちは。おにぎりです

ミステリークレイフィッシュが脱皮してました
PA270001.jpg

今回も綺麗にスポッと
前回脱皮記事より7週間
抱卵確認記事より4週間

宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.26(Fri):エビ
こんにちは。おにぎりです

リセットの為水槽の中のエビのすくいだし...
増えすぎた水槽のエビのすくいだし...
水槽の中流木やら水草やらですくえねえヽ(`Д´)ノ

エサに集まってるいわゆるエビ団子って可愛いですけど
ババッと散る様子はちょっとキモイです
PA260002.jpg
うーん・・・・
PA260004.jpg
PA260005.jpg

10分の1もすくえてねぇヽ(`Д´)ノ

ここの所選別やら里子やら出した記憶が無いので
バンドだらけですねえ

やっぱりまとまった数すくうの苦手(´・ω・`)

良く考えると水槽余ってない!
数えてみると40匹ぐらいというわけでそのまま出品しました
ヤフオク出品ページ


宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.25(Thu):ザリガニ
こんにちは。おにぎりです

とあるほうでザリガニと毛糸に聞かれたので・・・
とはいえ私もアクアリウムお気楽オークションの記事を参考にしたんですけどね

今のザリガニ飼育環境です
PA250004.jpg
掃除が楽なベアタンクに黒いアクリル毛糸を5~10cm程度に切って水槽全体にばらまいてます
あと冬場はヒーター26℃、ろ過は投げ込み式でエアレーションも兼ねてます

おともにラムズホーン、水草はズタズタにされて食べられてしまうので入れてません

稚ザリも同じ環境です
PA250005.jpg

ろ過があるほうが水換え頻度を減らせるのと
どうせエアレーションするならろ過しても同じです、まあ好みですかね

毛糸を入れると隠れる場所が増えるので共食いが減るかと思います
最初は水草だったんですけど結局食べられてしまうので


↓イメージとしてはこうなるはずだったのですが
毛糸1

親ザリは毛糸の上を歩いて、毛糸の中に子供が隠れる・・・

↑理想
↓現実
毛糸2

常に毛糸の下に潜っている感じで、たまに顔が見えます
鑑賞としてどうかと思いますが
腹が減ったら前に出てくる様なのでまあ良しとしてます


土管と毛糸を一緒に入れたら、土管に毛糸で巣を作るかと思ったんですが
真っ先に毛糸に潜って土管は使わなくなりました

たぶん毛糸のほうが好きなんでしょうね


宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.23(Tue):オークション
こんにちは。おにぎりです

オークションで水草や小物を発送するのにはペットボトルが便利です
500mリットル、1リットルぐらいが扱いやすいです
PA230001.jpg
PA230002.jpg

何より水漏れの心配がほぼ無いので安心です
フタをした後にビニールテープで補強してます

送ったのはエクスパック500
写真の様に底を三角に折り曲げ、全体を四角の感じにすると
厚手の物も入れやすくなります
PA230005.jpg

今はレターパックに変わって、これが最後のエクスパックでした
エクスパック、レターパックは速達郵便扱いなので
よほど遠方でなければ24時間で到着予定で使いやすいです
国内一律500円でお届けできます

ただレターパックはサービス低下していて
エクスパックは30kg、レターパックは4kg制限です
金属類入れるとそれなりの重さになりますからね

雑誌・書類用のサービスでしょうが
今時レターパックで書類とか送るのでしょうか?


宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.22(Mon):オークション
こんにちは。おにぎりです

オークションで落札されたルリーシュリンプ発送です
PA220007.jpg

今月で80匹程発送しました
よく殖えるのでなんだかんだとおまけに大目に入れてしまいますね
しばらく里子に出すのは止めるかもしれません
PA220008.jpg

ルリーシュリンプの模様ですが、こうメスの個体がくっきりした模様になり
オスの個体は透明部分がはっきりでません
うちの血統だけかもしれないですけどね

そのままレッドチェリーになってしまう個体もいるので
ブルー等色の良い個体、普通の個体、選別落ち個体で
選別に水槽は3つは必要ですね


宜しくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.21(Sun):らんちゅう
こんにちは。おにぎりです

らんちゅう金魚を庭飼いしてました
太いボディに魅せられ夢中で世話してました
2・3歳魚も15センチ程度まで育っていたのです

ですがこの夏にエアレーショントラブルで
大半のらんちゅうを失ってしまいました

ショックを受け、アクアリウムを辞めようとまで思いました
その頃はろくに魚の世話もしてなかったと思います


運良く残ったミニらんちゅう
PA210003.jpg
PA210004.jpg

今は5cm程度の個体が数匹残っています
小さい個体は冬眠させずに室内飼育にしてあげようかな・・

来年になってやる気がおきたら
またらんちゅうやるかもしれません


宜しくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.21(Sun):ザリガニ
こんにちは。おにぎりです

サテライトに移動したミスクレ母さんでしたが
PA200002.jpg

無事親子離し終わりました
母さんはサテライトから本水槽へさっさと戻してしまいます
PA200004.jpg

まだおそらくひとり立ちの時期ではないでしょうが
サテライトの仕切りで親の元へ戻れないようです

まあ外敵もいないしエサも食べられる様なので問題なしでしょう
PA200005.jpg
PA200007.jpg

まだ5ミリぐらいからエサの争奪戦をしています

結局今回生まれたのは100匹ぐらいでしょうか
10匹残ったとしても次は1000匹生まれてくるとか
ザリガニ算恐るべし。大量発生するのもうなずけます



宜しくお願いします



にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.20(Sat):水槽設備
こんにちは。おにぎりです

いつの間にかブログ村シュリンプランキング26位ぐらいになりました
皆様ポチポチとありがとうございます
これからも出来る限り更新していきます


増殖する水槽に合わせ照明やヒーター器具が必要ですが
節約のためにこの様な照明になってます
PA200013.jpg

ダイソー電球型蛍光灯安定器内臓・・・100円
E26電球金口・・・150~200円
延長ケーブル・・・100円
PA200012.jpg

分解すると実に簡単な構造です
低価格で作れます。延長ケーブルと電球を直結すれば200円です(危ないので金口を使った方が安全です)

で、これに使ってる照明カバーが・・・
PA200010.jpg

アルミホイルをかぶせてますヽ(`Д´)ノ
これも実に安価でお勧めです。溶ける等のトラブルもありません

(´・ω・`)見た目もともかく、効率も悪そうだよ

というわけで自作照明カバー作っていきましょう
メイン材料は貧乏の味方、ペットボトルです
PA200008.jpg

こんな感じに切り出しました
PA200014.jpg

カッターの刃を垂直に当て力を入れると切り込みが入れやすいですね
出来上がりイメージをしておきます
PA200015.jpg

その他材料、アルミホイル→反射板、両面テープ→アルミホイルを貼り付け
はりがね→電球を吊り下げるのに使います
PA200020.jpg

最終的に三角形~台形のように切りました
PA200019.jpg

熱がこもらないようにカバー上部に穴を開けておきます
PA200022.jpg

内部に両面テープでアルミホイル貼り付け
ペットボトル中ほどに穴をあけ、針金を通して電球押さえを作って完成です
PA200023.jpg

中はこんな感じになりました
PA200024.jpg

さっそく水槽に設置しました
PA200025.jpg

当社比2~3割は明るくなりましたね
見た目もホタルの様な気品さを感じます

ただし光が漏れているのが気になります
ペットボトルではこの辺が限界です(∩´∀`)∩

ダイソーでプラ板が売ってるのでしっかり成形すれば
まともな物が作れそうですねー



宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.19(Fri):水槽設備
こんにちは。おにぎりです

今日は結構冷え込んでますね。半そでだと寒いです
水槽部屋は水槽ヒーターがいっぱいなので暖かいです
体感で2・3℃ぐらい気温違うっぽいです

抱卵中のミスクレ母さんはサテライトで落ち着いてます
PA190003.jpg

水槽外掛けの産卵箱です。水槽が狭くならないので便利です
稚魚の仕切りもありますし、各種サイズも揃ってます
ただ掃除をしないと水質が悪くなるような印象があります

孵化が終わると母親は脱皮をするそうで
サテライトは狭いのである程度子供が離れたら
本水槽へ戻してあげます



母さんの腹にはまだ2・30匹ぐらい子供がいます
PA190002.jpg

もう孵化済みですがなかなか一人立ちしませんね
ザリガニもヨークサックあるんですかね?


分離した稚ザリはプラケースで保育ですね
PA190004.jpg

ヒーターとエアストーンして
黒いアクリル毛糸を切り入れています
共食いが減るそうですがどうでしょうね



45cmプラケースに30匹ぐらい居ますかね?
PA190005.jpg

まだ1cm以下サイズですが
エサを与えると群がってくるので様子見しつつ与えています

とりあえずこのプラケースで2・3cmぐらいまで育ててみます
数が多いので色んなエサや環境で育てることができそうですね




宜しくお願いします



にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.18(Thu):未分類
こんにちは。おにぎりです

第1回記事第2回記事と保冷材ホッカイロ計画をやってました
レンチン保冷材はホッカイロ代用となりうるか?

結果は・・・
PA180001.jpg
約20時間後水温4.6℃(´Д`)惨敗です
まあなんとなく分かってましたが
レンチン保冷材は1時間程度ならホッカイロとしても使えるんじゃないか
ただしそれなりに容量も必要なんで普通にエコカイロで十分です

★冷蔵庫温度→最低-0.7℃(強で冷えすぎですね)
★スチロール内水温→投入時21℃最低4.3℃

まあ・・・実験中に・・・48時間持続カイロショッピングサイト
というものを見つけてしまったので・・・テンションダウン(´・ω・`)

水量多くして酸素石とこのホッカイロ数個組み合わせれば
国内離島以外なら発送できそうです


ブルーラムズホーンの殻が色変わりしました
PA180003.jpg
貝殻多め水槽に移した時の跡ですが
こちらの方が色合いが良さそう?です

フラッシュなしバージョン
PA180004.jpg

ミスクレの子供も撮影できました
PA180007.jpg

小さいながらにもうザリガニの形ですね
大きくなれよー


宜しくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.17(Wed):未分類
こんにちは。おにぎりです

前の記事雑記-保温、保冷、ホッカイロとかの実験の続きです
ジェル式保冷材はホッカイロの代用品になりえるか?
レンチン保冷材の続きです
まだ気温が高いですが冷蔵庫でセットしてみようと思います
注意:真似しないで下さい。危険です


・冷蔵庫内温度5.3℃
PA170007.jpg

・なるべく実際の環境に合わせていきます
PA170009.jpg
熱帯魚ビニール1枚、水1リットル程度、空気1/3
隙間を新聞で詰めていきます
ビニールに温度計をつっこんで輪ゴムしています

梱包時水温約21℃

・ここから保温材レンチンして一気に梱包してしまいます
PA150001.jpg

500Wで様子を見ながら片面1分ほど、合計2分レンチン
やけどしそうな程度まで温まりました
今回は新聞紙2枚でぐるぐる巻き

・急いで梱包して冷蔵庫へIN☆→13時30分
PA170010.jpg

よく考えると今夜用事があるので明日の朝まで経過確認できません(´Д⊂ヽ
まあいいや(゚∀゚)

明日の9時ぐらいに再確認してみます。約20時間ですね
問題点は、長時間に対応できるか、高温度になる為水温が上がり過ぎないか





宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

【Read More...】

2012.10.16(Tue):ザリガニ
こんにちは。おにぎりです


前の記事ミステリークレイフィッシュ抱卵より
約3週間経ちました

おや・・・卵の様子が・・・
PA160003.jpg

もう目玉を確認できます
PA160002.jpg

もうすぐ孵化だろうと眺めていたら
完全なザリガニの形をした稚ザリガニがくっついてました
孵化完了です


聞いた話では、稚ザリガニは明るい環境では母親から離れず
暗くなるとエサを求めに移動し、明るくなるとまた母親の元に戻る

思った以上にピッタリとくっついてます
無理矢理はがすのは危険そうですし、一人立ちすると母親に食べられます
可哀想ですがわかれさせなければなりません。
いい方法ないですかねーヽ(´ー`)ノ

水温約24度前後、抱卵より三週間で孵化


宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.16(Tue):未分類
こんにちは。おにぎりです

今回は冬期の生物の移送時の温度について
実験の為のテストを行いました
注意:真似しないでください

夏の間はお世話になりました保冷財
PA150001.jpg

こいつをおもむろにレンジへΣ(゚д゚lll)(破裂する恐れがあります)
PA150003.jpg

500Wで30秒レンチン
暖めムラができたので反対側も30秒暖めました
PA150004.jpg

( ´_ゝ`)出来上がったものがこちらになります
PA150005.jpg

触った感じで60℃ぐらいでしょうか
ビニールの耐熱温度が約100℃ぐらいまでと考えるともう少しいけそうですね

これを何に使うかというと保温材・カイロとして使おうと思ってます

WEB調査の結果、保冷材をホッカイロ代わりに使用するという先人がいまして
1時間前後は体感温度で暖かいということです

今回はとりあえず新聞紙一枚にくるんで一時間放置してみました
・使用保冷材「キャッチクール」300g、トライカンパニーさん

待ってる間にホッカイロの性能について見てみます
PA150006.jpg

長時間タイプ、最高温度65℃、平均温度51℃
持続時間20時間(40℃以上を保持する時間)ナガイネΣ(゚д゚lll)
PA150007.jpg

およそ24時間は輸送に耐えられそうな雰囲気です
ただの保冷材でホッカイロの性能に太刀打ちするには無理があります

●一時間経ったデータです
PA150011.jpg
PA150009.jpg

保冷材をくるんだ新聞紙の下に温度計を置いた状態で室温放置です
★室温25℃
★最高温度34.8℃
★一時間後温度33.2℃

新聞紙の上から触るとほんのり温かみを感じる程度
保冷材を直接触ると温かみを感じます

なんとなく短時間ならホッカイロとして有効な感じがしてきました

次に記事にする時は発泡スチロールに入った状態で試してみます

以下、内容が無い長文が続きます
知らないと理解できない、知ってるとくだらない、という様な内容です


なぜ代用かというと、輸送時の飛行機に課題があります
・飛行機の荷物にホッカイロ禁止(手荷物はOK?)
・中身が「鉄」なのでエックス線に写って送れない(危険物と間違える)
・酸素が必要なので発泡スチロールに穴を開ける必要

問題点が多いです。穴を開ければ冷気もはいってしまいますし
水が漏れる可能性もあります
そもそもカイロの代用品でレンジで温めるエコカイロの様な物がありますが
値段が高く、値下がりにはもう少し時間が掛かりそうです
実用的になるまでの代用案・・・といった所でしょうか

とはいえ、カイロを使わないというのも問題です
以前テストした時は発泡スチロールに新聞、ビニールにエビ
カイロ無し24時間経過でエビが冬眠してました(ごめんなさい・・)

現状で、飛行機輸送は冬季中止、もしくは死着覚悟で送る、という方が大半だと思います

ついでに保冷材のしくみについても
詳しくは「けん熱」「せん熱」についてググって下さい

保冷材の中身は「吸水性ポリマー」「水」が大半だと思います
吸水性ポリマーはいわゆる「おむつ」です
おむつの中身に水を吸わせたジェルがビニールに入ってます

簡単な話、水を吸ったジェルが凍っているだけ、の物になります

「凍る」という事も大事で、「固体が液体になる」ときに「せん熱」が生じます
この状態変化に伴うせん熱により「0℃の水」より「0℃の氷」の方がより熱エネルギーを持っていることになります

「氷が水に状態変化する時に周囲から熱を奪う」

という現象を用いてより冷却効果を高めているという事です
メーカーの努力によりわずかな量で数時間冷却するということが出来るようになっています

保温材として同じ事をすると常温で「固体」の物を暖めて「液体」にする
時間と共に液体が固体に戻る「せん熱」を利用して周囲を暖める

「液体が固まる時には周囲に熱を与える」

という事ですが、製品化に都合の良い物質や使用時間の問題もあるのだと思います

長々と失礼しました書きたかっただけなんです



宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.14(Sun):未分類
こんにちは。おにぎりです

体調不良です(;´Д`)
作業も出来ずろくな記事もかけず申し訳ないです
自分も未熟なもので記録代わりにブログに書いていたりもします
皆様ご来訪ありがとうです


そろそろミステリークレイフィッシュ母さんの卵が孵化しそうなので隔離しました
PA140003.jpg
プラケースINラムズ水槽
親と子が一緒の水槽では子供が親に食べられてしまいます
プラケースで孵化してもらって親と子供は別々の水槽へわかれます

プラケースも小さいですが抱卵中は動き回らないので問題なさそう
ですがヒーターが使えない為別水槽へプラケース毎浮かべています

ラムズホーンが卵産み付けますね多分


今日はエビがいわゆる「抱卵の舞」です
PA140010.jpg

オスはこうなると@てんやわんや@です
関係ないメスも追っかけたりします
嬉しい事なのですが、エサそっちのけなので
普段のエサの量をあげてしまうとすごく残ります

エサを与えると抱卵の舞が始まる気がするのはウチだけでしょうか・・・?
PA140005.jpg
元気で育ってください


エビを宅配便で送りました
PA140001.jpg

ビニールは輪ゴムで閉めた上にビニールテープを巻いてます
PA140002.jpg

厚手のビニール二重に輪ゴム
中に飼育水と空気と酸素石、足場に水草やスポンジ等
季節に応じて保冷材、保温材などなど

これで大体24時間以上は中のエビは大丈夫です
それより早く届けば良い事なんですけどね



宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.13(Sat):未分類
こんにちは。おにぎりです


涼しくなったと薄着でいたら体は正直カゼ引きました
だるくて水槽整理も進みません。エサやりで精一杯です

生体移動やリセット、ザリガニの子供の環境も作りたいです(ヾノ・∀・`)無理

ルリーシュリンプは抱卵個体が一杯です
PA130004.jpg

ブルーラムズホーンは相変わらず茶色です
PA130005.jpg

ミステリークレイフィッシュ君は抱卵中で表に出てきません
PA130006.jpg

レッドビーシュリンプ水槽はコケコケです
PA130007.jpg

ラムズホーンは人参の皮は固くて嫌いなようです
PA130008.jpg

モスをアップで撮影テスト。これが限界?解像度が低いかも
PA130009.jpg


中途半端に動けるカゼの状態って面倒ですよね



宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.10(Wed):水槽設備
こんにちは。おにぎりです

寒くなってきたのでそろそろヒーターを設置します
(;´Д`)また電気代がかかるよ

ラムズホーン用にもヒーターを設置しようとしましたが
そのままでは火傷するようです
対策としてカバーをつけるか、ろ過等別の容器で暖めるか

カバーも買うと高いので自作します
さいわい自作ヒーターカバーは色々なHPで紹介されてます
毎回の事ですが自作ネタは自己責任でお願いします

使う材料は、ヒーター、園芸用鉢底ネット、インシュロックです
PA100001.jpg
PA100003.jpg

ネットを巻きながら、ヒーターのサイズに合わせてネットを切ります
PA100005.jpg

あまりカバーが密着すると事故が起こりそうなので
ヒーターが一番太い場所にあわせてカット
吸盤の足に合わせて四隅をカットします

また使う用に同じサイズでスペアを取っておきます
PA100006.jpg

ヒーターに巻いて輪ゴムで仮止め
PA100004.jpg

インシュロックで最終止めです
あまり締め付けるとヒーターとカバーがくっついてしまうので軽く止めます
PA100009.jpg

これで完成です。白いインシュロックが気になる人は
黒いインシュロックもあるよ

水槽の中に設置してみました
PA100010.jpg

鉢底ネットは市販のカバーに比べて目が細かいので
熱がこもりやすく、水流がある所に設置する、
又は、ネットの目を切り取って粗めにすると良いそうです
自作は自己責任でお願いします



今のところ作動させて特に問題はありません

市販カバーも数百円で買えるので買ってもいいんですが
買わなくてもいいと思ってます
特にうちみたいな水槽だらけの家ではお金は大事です


宜しくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.09(Tue):ラムズホーン
こんにちは。おにぎりです

昨日ブルーラムズホーンを見てたら思いがけず青いラムズ発見
PA080006.jpg
一匹だけ見た目に青って感じのがいます
照明無いとわからないですけど

PA080015.jpg
なかなかピント合わないのであきらめました
今度三脚買ってきます


うちに来て以来写真の他の個体のように茶色っぽい個体でしたので
がぜんやる気がでてきました(∩´∀`)∩ワーイ


というわけで水槽立ち上げです
PA090002.jpg

上の写真ではソイルの水槽ですが
実は育ったのは大磯砂のプラケースだったので
それにあわせて環境作ってみます

●底床大磯砂 ●底面ろ過+様子見で投げ込みろ過追加
●とりあえずカキガラ ●水草アナカリス

あとコントレックスも入れて見ましょう
PA090005.jpg

硬度が上がりすぎると思いますがこんな感じで様子を見ます

あと飼育で注意する事は
途中で水質を変化させると殻に跡がのこる
エサが少ないと殻に跡が残る
直接ヒーターを入れると火傷するので隣の水槽とくっつけて暖める

ラムズが食べ残す様な物はエビが食べるらしいので
エビも同居させてみます
ちょっと実験的になってしまうと思います



宜しくお願いします



にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.08(Mon):オークション
こんにちは。おにぎりです

オークション出品完了です
増えすぎると水槽分ける水槽もありません
水槽が増えすぎで今冬のヒーターが足りないような気がしてきました

皆さんもこんな経験・・・ないですよね(;´Д`)

出品した個体
PA060002.jpg

ミステリークレイフィッシュの子供も孵化しそうで
数も増やしたいので水槽にいた稚エビ以外出品です
ブラックシャドーとビーシュリンプの掛け合わせF1です

親の混泳水槽です
PA080001.jpg

抱卵を終えたビーシュリンプのメスとブラックシャドーを混泳させてます
一緒にするとビーシュリンプの抱卵率の高さが良く分かります






こちらに出品してます
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m101030878




宜しくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.06(Sat):オークション
こんにちは。おにぎりエビです

涼しくなってきたのでビーシュリンプのオークションの出品にいい時期です
初めて飼育する方も秋口からは水温制御しやすく、繁殖もしやすいのでお勧めです


というわけで出品の為写真をとっていたのですが
PA060001.jpg

この水槽からエビをすくいます
流木や水草など取り除き、エビをすくい、写真をとって
PA060004.jpg


熱中して作業してたら2時間ほどすぎてしまい
用事の時間になってしまいました。また明日から作業の続きです
計画的にやらないとだめですね(´・ω・`)



宜しくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.05(Fri):エビ
こんにちは。おにぎりです

エビのエサについて・・・定期的に語ります・・・
ネタが無いわけじゃないんだからねヽ(`Д´)ノ
でも毎日更新目指すとさすがに色々なジャンル語らないと駄目だよね


前にミジンコを飼育?稚魚のエサ用にキープしてました
その関係でこんなエサを持ってます

ムックリワーク
2008_08200002.jpg
http://www.life-creation.us/aqua/others/data/mukuwaku.htm
カニガラを主成分とした微生物用飼料です。カルシウム等を補給するという事ですね
微生物繁殖促進、カニガラと言うことでエビにも良いかと思ってたまに与えています
粉状なので稚エビまでまんべんなく給餌されるのが良いですね
※ただし、使用できない魚の種類もいます

スパイス用容器に入れて水槽にふりかけます
PA050001.jpg
入れた瞬間から水槽内がエサ探しでパニックになりますが
これが原因でエビが調子を崩したという事はなさそうです

ただ、フィルターに吸い込まれるので本当にエビ向きなのか分かりません
あと難点なのが水面付近のガラスにはりつくので水槽が汚れます(´・ω・`)



宜しくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.04(Thu):エビ
こんにちは。おにぎりッス

今朝は布団が無いと肌寒いぐらい気温が低かったですが
日中は天気が良くて気温上昇、夕方から雨でまた涼しくなったり忙しいですね

気温と言えば夏の間は水槽の温度が怖いので照明時間を夜間に3時間程に抑えてました
そのせいか分かりませんがエビも殻が薄い個体が多い様な気がします

カメなんかは日光を浴びてカルシウムを甲羅にするらしいですが
エビにも悪い事をした気がします

そして照明時間を増やすとコケます(´・ω・`)
PA040003.jpg

黒い斑点と全面にコケが出てますね
しかしガラス面のコケは稚エビも親エビもツマツマしてることが多いです
特に照明点灯時にツマツマしてますので照明はつけたほうがよさげです

というわけでガラス面のコケは放置する事が多いです
水草がコケるほどひどくなければ、と思ってます

逆にろ過が悪かったりすると黒ひげやモワモワした藻が出てきて
そうなると照明より水槽のシステムを考え直しますね
絶対ではありませんが

水槽リセットの為エビをすくってます
PA040001.jpg

稚エビは見えないので大きくなるまでリセットできないですが
水槽の中にアクセサリーや水草が多いとエビをすくうのは困難です
今日も2時間ぐらい没頭してた気がします(´Д⊂ヽ



宜しくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.03(Wed):未分類
こんにちは。おにぎりです

最近すずしいと思ってヒーターつけようと思ったら
台風の後は暑くて水槽の魚には温度差激しくて大変です

通りがかりに中古屋さんのぞいたらエーハイム外部ろ過セットが売ってました
うちはエアレーションろ過メインなので外部は使いませんが
一回はためしに使ってみたいですね

一緒にエーハイムサブストとメックが売ってました
PA030001.jpg

各一袋250円で合計千円でした
ろ材はいちいち高いのでウールとかスポンジでごまかしちゃいますけどね

上部ろかにでも使ってみたいと思います



宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

2012.10.01(Mon):未分類
こんにちは。おにぎりエビです

水槽の一つにラムズホーンを繁殖飼育してますが
ろ過が底面ろ過で回していたのですが、ラムズとは相性が悪いです
底にフンやスラッジが恐ろしく溜まるため掃除も追いつきません


というわけで手入れが簡単な投げ込みろ過に変更するのですが
簡単な構造の割りに500円~とお金が掛かるので自作をします


別で使用していた自作ろ過
PA010002.jpg

ペットボトルを切って、中に重り、ウール、ホース、エアストーンを入れ
エアレーションするだけです。また別途作成してみたいと思います


材料
PA010004.jpg

ろ過マット(ダイソーで100円でした)、エアストーン、砂利(重り)
ホース(エアーを通して水を吸い上げます)、ペットボトル(底から5~10cmぐらいでカット)

なるべくお金を掛けないコンセプトなので見た目は気にしません
300円程度で数個作れます
多少見た目をよくするならタッパーを容器にするといいです


ホースを水槽の高さに合わせて適当に切り出して
エアチューブを通す穴を作ります
PA010005.jpg
チューブが外れにくく、潰れるのを防ぎます
エアストーンをつけたチューブを中に入れます


完成品がこちら
PA010011.jpg

ホースにろ過マットをぐるぐる巻きにして重しを入れたペットボトルに突っ込みました
ペットボトルが太すぎたのでゆるい感じになりましたが
スキマにゴミが溜まるので適当です

しばらく使用したら汚れ具合を見て調整します

物理ろ過はウールマットの様にゴミをキャッチする構造
生物ろ過は水通りが良い環境でバクテリアがよく働くと思います
はみ出たウール部分でバクテリアが定着すれば・・・と


適当にすくいだしたレッドビーシュリンプ
PA010012.jpg
20匹ほど捕まえました。すくう時はあせらず一匹ずつ狙いをつけると結果的に効率がいいと思う
ビーシュリンプは色鮮やかで良く増えるのでエビの中ではダントツに面白いと思います

彼らには立ち上げた水槽のパイロットになってもらいます
PA010013.jpg

立ち上げから10日ほどたった水槽で
投入した水草も調子が良いのでまあ大丈夫でしょう




宜しくお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です(ポチ嬉しいです!)
おにぎりエビブログはリンクフリーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。